天理大学

天理大学同窓会ふるさと会

ホーム > 記録 > Author

Author

  • 2022年09月16日(金)

 2022(令和4)年3月に天理大学を卒業された皆さんは、母校卒業生で構成される同窓会「天理大学ふるさと会」の新会員として各分野でご活躍のことと、お喜び申しあげます。

 卒業以来、およそ半年以上が過ぎ、学生時代を懐かしく思い出されている頃と存じます。

 そこで、下記のとおり、大学祭開催中の11月5日に母校を訪れ、恩師や旧友との再会を楽しんでいただく機会として「新入会員の集い」を開催させていただきます。是非、ご参加くださいますようご案内いたします。

 また、卒業後10年毎の周年にあたる会員の皆さんにも、この機会に母校にお集まりいただき、世代を超えての交流を深めていただければ幸いです。

◆日時:2022(令和4)年11月5日(土) 14時00分~15時30分 (予定)

◆会場:ふるさと会館2Fホール (天理大学9号棟)

◆内容:1.セレモニー 挨拶 天理大学ふるさと会長 太田 登

    2.記念講演「こころと宗教的なもの -臨床人間学の地平から-」

                     天理大学名誉教授 澤井 義次 氏

    3.新入会員の近況スピーチ

※当日は、天理大学祭(11月3日~5日)が開催されていますので、そちらもお楽しみください。

 なお、コロナ感染の拡大状況により、中止又は変更になる場合がございます。

    • 2020年11月30日(月)
    寄付金を手にする永尾学長と田中支部長

    11月30日、田中信行おやさと支部長より、新型コロナウイルス対策における天理大学生に対する学修支援金として、永尾教昭学長に寄付金が手渡されました。

    田中おやさと支部長は、「母校の一番近くに居る卒業生の支部として、なんとかお力添えをしたかった。会員さんからも同じ声をいただいていたので、寄付することができて良かった。ますます母校が発展充実することを期待しています。」と述べた。

    永尾学長からは、「このご支援でどれほど学生たちを勇気づけ励ましたか計り知れないものがある。秋学期に対面授業を原則として再開したキャンパスに、学生たちが学びを諦めずに戻ってきてくれたことは、ひとえに皆様のご支援によるものと深謝しています。」と、感謝とお礼の言葉があった。(近藤)

    ページの先頭へ