天理大学

天理大学同窓会ふるさと会

5月18日に創設者記念館(若江の家)竣工100周年・天理大学ふるさと会館竣工20周年記念「式典・第1回定期代議員会・公開記念シンポジウム・交流会」を挙行いたしました。

 創設者記念館(若江の家)竣工100周年、ふるさと会館竣工20周年を記念して「式典・第1回定期代議員会・公開記念シンポジウム・交流会」を挙行いたしました。

 「式典」では、三濱善朗顧問のご祝辞からはじまり、会館建設に大きなお力寄せをいただいた功績者の方々を紹介、太田会長より功績者の皆様へ感謝状の贈呈が行われました。つづいて、新体制となって初めての代議員会を開催いたしました。冒頭に、今年度の「ふるさと会海外研修基金」による研修生、「ふるさと会奨学基金」による選抜学生の紹介があり、抱負を述べてくれました。公開記念シンポジウム「いま、国際天理学を構想する」では、登壇者の発表後、太田会長司会のもと討論があり大勢の参加者の皆様と有意義な時間を持ちました。
 シンポジウムの様子は、YouTubeでご覧いただけます。つぎのURLに是非ともアクセスしてください。
https://www.youtube.com/watch?v=8zWxYvzQWkg&t=9s

 式典終了後、学生食堂に場所を移し交流会を開催しました。橋本武人元学長よりご祝辞をいただき、学校法人松村専務理事による乾杯の音頭で会が始まりました。代議員や、卒業生が一堂に会し交流を深めました。岡本女性委員によるフラダンスや、本城氏による演舞で逍遥歌斉唱も行い、会場は和やかな雰囲気に包まれ、山本事務局長の挨拶で閉会いたしました。

・記念式典参加者:122名      ・交流会参加者:77名 

※本会Facebook、Instagramにも当日の様子をアップしています。是非ご覧ください‼

 

ふるさと会の諸規程について

令和6(2024)年4月からの新体制移行に伴いまして、ホームページの上部にあります「会の概要」に諸規程を掲載しましたので、お知らせいたします。

「令和6年能登半島地震」について

令和6(2024)年1月1日(月)に発生した能登半島地震により、亡くなられた皆さまに心より哀悼の意を表します。
また、被災された関係者の皆さまにお見舞い申しあげます。
とくに甚大な被災地である石川支部の会員の皆様の状況を憂慮しています。
一刻も早い復旧・復興のために、本会としても可能なかぎりの支援をさせていただきたいと考えておりますので、
会員の皆さまからのご要望や情報提供をお待ちしております。

今後の支部総会等の予定です
・7月7日(日) おやさと支部総会 10時半~ ふるさと会館
・8月25日(日) 岡山支部総会 14時~ ふるさと会館


今後の予定

読み込み中... 読み込み中...

ページの先頭へ